■SwingによるJava GUIプログラミングIII

ISBN: 978-4-87783-015-1 C3004

著者    大村 忠史
判型    B5変型判,368頁(口絵カラーページ含),CD-ROM添付
本体価格 3,000円

 表紙         

 本書の特徴      

本邦初のSwing解説書として刊行して以来、 パートI パートIIともにJavaプログラマから 「タイムリーである/内容が詳しい/サンプルが豊富…」 と絶大の信頼をいただいております 『SwingによるJava GUIプログラミング』シリーズの第3弾の登場です。

本書パートIIIでは、最新版のJava環境におけるSwing (Java2 SDK1.2.2およびJDK1.1.8+Swing1.1.1) の新しい機能をいち早く取り上げると同時に、 前二作を補強するトピックを解説しています。 具体的には、Swing1.1.1以降に実装されたHTML表示機能をはじめ、 Textパッケージ、JFileChooser、各種Paneといった、“リッチな” アプリケーションに欠かせない機能とテクニックの紹介に努めています。

さらに、学習効果を高めるために、画像処理を使ったJavaDesktop (Swing独自のデスクトップ環境)など、 読者の興味をひくサンプルプログラムを使っています。 とりあえず実行させてみるだけでもおもしろい、 秀逸なプログラムばかりです。

添付のCD-ROMには、本書で利用するサンプルプログラム およびアイコン/画像ファイルを収録しています。

 主要目次       

第1章  Swingの環境設定と追加情報
第2章  SwingコンポーネントでのHTMLサポート
第3章  Swingコンポーネントでの画像処理
第4章  JFileChooserとJavaデスクトップ
第5章  JTextField、PlaneDocument、および関連イベント
第6章  キャレットとキーマップ
第7章  HTML番外編


GoTo... Top, Book