表紙画像

12 ステップで作る
組込みOS自作入門


「組込みOSセット」販売のご案内
本書で扱った開発用のキットを書籍とセットにして販売します。 詳細はこちらから

本書について

 本書は「組込みOS」を自作するための本です.  何もないゼロの状態から,12回のステップに分けて,実際に動作する組込みOSを徐々に自作していきます.OSを起動するための「ブート・ローダー」さえ,自作します.
 本書は,誰かによって作られた既存のOSを入手して動かすための本ではありません.すでに動いているOSの上でプログラムを書いて動かすための本でもありません.本書でやるのは,OSの自作です.いまこの本を手に取っている,あなたが作るのです.
 OS自作というのは,たとえ他人が見れば些細なことだとしても,発見と驚きと感動の連続です.何もないゼロの状態からひとつひとつステップを踏んでいくことで,徐々に動くものができあがっていくという「ものづくりの楽しみ」を味わってほしいと考えて本書を執筆しました.とくに

「OSというものを作ってみたい中学生や高校生,パソコン部の生徒」
「OSを勉強したい大学生や入社したての新人」
「OSに興味のあるアマチュアプログラマ」

といった方々にぜひ読んでいただきたいと思います.
 もちろん,すでに実務についているプロの方々も歓迎いたします.その場合にはぜひ「OSを自作するなんて,面白そうだなあ」「ああ,やっぱりものづくりは楽しいなあ」という新鮮な気持で読んでいただければと思います.

目 次

第1部 ブート・ローダーの作成
第2部 OSの作成