表紙画像

kintoneファーストガイド
働き方改革を推進、テレワークの導入に!

2018年10月10日 初版第1刷発行

本書について

 現在、政府の主導により「働き方改革」が推進されています。とはいえ、「具体的に何をどうすればよいのか?」と思案に暮れている企業も多いのではないでしょうか?
 育児や介護のためにフルタイムで出勤できない人、地方に住んでいる人、定年後も働きたい人、もっと自由に働きたい人、こういった人々も労働力として取り込んでいかなければなりません。そして、その際に必須となる条件が自宅勤務(テレワーク)や時短勤務などに代表される「多様な働き方」です。

 「働き方改革」を実現するには、オフィスに出社しなくても仕事ができる環境を整えなければなりません。その一助となるのが、本書で紹介するkintoneです。kintoneはインターネット上にデータベースを構築できるサービスで、その用途が限定されていないことが特長の一つとなります。顧客管理や受発注管理はもちろん、スケジュールの管理、進捗状況の管理、文書管理、会議室の予約、交通費の申請、アンケート調査、タイムカードなど、あらゆる用途にkintoneを活用できます。
 通常、こういったシステムを構築するには、開発業者に依頼するか、もしくは自社でシステム開発を行う必要があります。でも、kintoneを使えばプログラミング不要で、さまざまな業務に対応するシステムを構築できます。誰でもすぐに使い方を覚えられるため、スタッフ全員が利用できるシステムとなることも特長の一つといえるでしょう。

目 次