1. 株式会社カットシステム
  2. 書籍
  3. 「OpenACC基本と実践」

OpenACC基本と実践
GPUプログラミングをさらに身近に

表紙画像
著者北山 洋幸
判型B5変型判、440頁
ISBN978-4-87783-450-0
価格本体 5,000円
発行日2018年11月10日(初版第1刷)

ダウンロードサービス:学習に使えるサンプルファイル

本書について

 GPUを利用したアクセラレータ型の並列化プログラミングでは、CPUとGPUを協調させる方法への対応が重要です。CPUとGPUにそれぞれバイナリが必要となり、処理の分担やメモリ管理を別々に行わなければなりません。メモリ空間が論理的・物理的に異なるため、ポインタなどをそのまま利用できない点は特に面倒です。そのため、GPU対応のプログラムの開発をはじめるには、ある一定の短くない学習時間が必要でした。

 そこに現れたのがOpenACCです。OpenACCは、OpenMPを使うような感覚で、逐次プログラムにディレクティブを指定するだけでGPU対応のプログラムへ変換できます。

 本書は短い期間でOpenACCを習得できることを目指して執筆されました。単に、プログラミングの習得だけでなく、ヘテロジニアスなシステムの基礎などや応用にも言及し、非同期などを使用したプログラミングへも対応できるよう心掛けました

目 次

新刊書籍のご案内などお送り致します。 ←クリックすると登録ページに行きます。