1. 戻る 
  2. 株式会社カットシステム
  3. 書籍
  4. 「ブロックで学ぶ中学入試算数・中学からの数学」

ブロックで学ぶ
中学入試算数・中学からの数学

表紙画像
著者名塩 隆史(聖光学院中・高等学校教諭)
判型B5変型、296頁
ISBN978-4-87783-458-6
価格本体2,400円
発行日2019年 5月25日(初版第1刷)

本書について

 本書は、小学校の算数で学ぶ数の計算法、および中学入試問題で出題される様々な考え方、そしてその背景あるいは延長上にある中学高校数学について解説したものです。

 本書のテーマの一つは、ブロックを用いて数や式、そして概念をイメージでとらえる「可視化」にあります。そもそも算数文章題の〇〇算は、タイプに応じて様々な図の使い方をします。ブロックで表そうとすることによって、各手法の共通点と相違点が明確になります。また、抽象的な概念であるはずの数に色や形を与えることで、数式の意味をイメージとして把握することができ、さらに具体的に手を動かして考えることができるようになります。このように、数式をブロックで可視化することで説明がしやすくなり、概念や手法を「ストーリー」として頭に印象づけることが容易になるものと期待できます。

 もう一つは「近似」という視点です。算数の問題ではこれまで「1つの答えを求める」かつ「きれいに答えが出る」問題を取り上げることがもっぱらでした。しかし現実の問題に応用しようとすると、例えばくねくね曲がった領域の面積や立体の体積は、その曲線や曲面が特殊なものでない限り、中学高校で教わる数学をもってしてでも正確に計算することができません。しかしブロックで近似して求めるのでよければ小学生の知識でも十分求めることができます。

 また、今後のプログラミング教育導入を見据え、ロボットなどの先進教材を用いた学びの役に立つ算数や数学の概念も紹介しています。

目次