1. 戻る 
  2. 株式会社カットシステム
  3. 書籍
  4. 「実践OpenCV 4 for Python」

実践OpenCV 4 for Python
画像映像情報処理と機械学習

表紙画像
著者永田 雅人/豊沢 聡
判型B5変型、400頁
ISBN978-4-87783-460-9
価格本体4,200円
発行日2021年1月20日(初版 第1刷発行)

ダウンロードサービス:学習に使えるサンプルファイル

本書について

 OpenCV(Open Source Computer Vision Library)は、コンピュータビジョン技術を扱いやすいプログラミングライブラリとして提供するオープンソースソフトウェアです。シンプルなので、初学者でも容易にプログラムを作成できます。高水準なAPIにより、拡張や保守が楽になる簡潔なコードが書けます。しかも、おなじ機能を自分で実装するよりたいていは高速です。先進技術をつねに追っているので、ディープラーニングのような旬な技術も利用できます。画像認識の研究開発者なら、基本的な処理はOpenCVに任せ、問題解決に本質的なアルゴリズムに専念できます。

 OpenCVにはC++インタフェースもありますが、本書のターゲットはPythonです。処理速度はC++にかないませんが、C++でできることはほとんどPythonでもできます。そして、スクリプト言語であるPythonのほうが気楽に始められます。

 本書では、Python版OpenCVをサンプルプログラムに沿って学びます。各節は、冒頭で設定した課題を達成することを目指したシンプルなサンプルを中心に構成しています。コードはいずれも全行を掲載してあるので、わからなくてもとりあえず動かして楽しめます。どんなに長くても100行もありませんから、読むのもそうむずかしくはありません。そのあとは、プログラムの調整や改良をつうじて、OpenCVの扱いかた、各種アルゴリズムの利用方法、リファレンスマニュアルに慣れ親しんでください。本書を読み終えれば、ユニークなコンピュータビジョンアプリケーションが作成できるようになっているでしょう。

 コンピュータビジョンの対象は何気なく接している身近なシーンが主なので、結果がわかりやすく、趣味のプログラミングとしても、より深い研究テーマとしても楽しめるテーマだと思います。本書がコンピュータビジョンやプログラミングの入り口となれば幸いです。

内容見本PDF(約2MB)

目次