1. 戻る 
  2. 株式会社カットシステム
  3. 書籍
  4. 「法文書作成のためのMicrosoft Word 2019]」

法文書作成のためのMicrosoft Word 2019

表紙画像
著者高田 靖也
監修者小路 健太郎
判型B5変型、208頁
ISBN978-4-87783-473-9
価格本体2,800円
発行日2020年8月10日(初版 第1刷発行)

本書について

 日々大量の法文書の起案や編集にあたる法律実務家にとっては、法文書を作成する過程で使用するワープロソフトを上手に扱えるということは、単に時間的な効率の面からだけでなく、ストレスフリーな業務遂行をする上では、軽視できない事項なのではないでしょうか。文書作成のためのワープロソフトの操作という技術的な作業と、法文書作成のためのロジックの組み立てという知的生産活動が、実際には並行して行われているという現実を考えると、ワープロソフトの操作上の問題によって思考が阻害され、時間的なロスも生じるという事態は、解決しておくべき課題の一つといえます。また、法律事務所の職員にとっても、ワープロソフトへの理解を深めることにより、弁護士からの修正依頼に対するレスポンスを向上させ、業務全体の処理能力の向上を図ることが可能となります。

 

 本書は、今後各事務所で導入が進むと考えられるMicrosoft Word 2019を対象として、法律実務に必要となる機能に焦点を置き、Wordに慣れ親しんだユーザーはもちろん、初学者にとってもできるだけ分かりやすく解説できるよう努めたつもりです。また、実務には携わっていないものの、日々多くの課題を抱える法科大学院生にとっても、本書は大いに有用ではないかと考えています。本書にひととおり目を通していただき、文書作成業務の効率向上につながるような発見をしていただければ幸いです。

内容見本PDF(約1MB)

目次